シンディングラーセンヨハソン病


成長痛の一つでありよく耳にする「オスグット病」と同じく膝の障害です。

小学生高学年に多い疾患です。

 

原因

身長が急に伸びてきた

身体が硬い

骨盤が後傾している

太ももの後ろの筋肉が使えていない

運動前後のケアができていない

運動によるオーバーユース(使い過ぎ)

 

症状

膝のお皿の下に痛みが出る。

膝を曲げると痛い。正座ができない。体重をかけると痛みが強くなる。

 

治療

太ももの前面の筋肉をマッサージで緩める。

股関節の使い方を覚えてもらうリハビリを行う。

下肢のストレッチ主に太ももの後ろの筋肉を伸ばす。

シューズにインソールを入れる。

 

 

痛みが出ている間は運動は調整しながら行いましょう。

重症化するケースはほぼ無く、成長期を過ぎれば痛みは消失します。

 

膝に負担がかかる姿勢、動き、癖を直しておかないと、成長期が終わって痛みが取れてきても、

次は膝蓋靭帯にストレスがかかり膝蓋靭帯炎になるケースがあります。